犬のしつけでお悩みの方へ
天才ドッグトレーナーの遠藤和博が教える愛犬しつけ法。TVチャンピオン「子犬しつけ王選手権」2年連続優勝の実績。「無駄吠えが2秒で止まる等、愛犬が驚くほどお利口になる方法」をこっそりお伝えします。
犬がシャンプーを嫌がる場合には

犬のなかには、シャンプーを嫌がる犬もいると思います。臆病な犬は水やお湯を異様に怖がったりすることもあるため、シャンプーすることができないという悩みがあります。このように怖がるにはなにかしたらの理由があると思います。たとえば小さいころに周りに住んでいる子供たちから、おもしろがって、水を浴びせられたなどのトラウマがあるのかもしれません。

このような犬は、ブラッシングはさせてくれるのかどうかをまずは確認しましょう。臆病な子でなくとも、シャンプーを嫌がる犬は多いそうです。まして子犬の頃に、水を浴びせられたといった怖い経験をしていれば、なおさらシャワーが怖くてあたりまえです。嫌がる犬をシャンプーに慣らすためのトレーニングで、まず一番大切なことは飼い主との信頼関係ができているかどうかです。

シャンプーをする以前に、ブラッシングはさせてくれているのかを確認しましょう。グルーミングは、犬を清潔にするばかりではなくて飼い主が犬よりも優位な立場にあるかを認識するためのバロメーターになります。体のどの部分でも触らせてくれれば犬が飼い主を優位と認めており信頼して、安心して身を任せているという証拠だといえます。

最初は、フードを使いながらほめながら安心させた状態でブラッシングを行ってみるとよいでしょう。このときに無理にブラッシングすることなく、なでるように行っていくことが大切です。犬種にもよりますが、コートが厚くて脱毛も多い犬種ならばできるだけ毎日ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

犬のしつけ新着情報&ニュース 一覧
犬のしつけ 新着情報

犬のしつけについてあなたは考えたことがありますか?犬のしつけは「お手」とか「お座り」などを教える行為だと思いがちですよね。しかし、それだけではありません。犬のしつけとは人間と犬が楽しくそして心地よく共存していくための方法を犬にたいして教えると言うことです。しつけをするときは犬に禁止事項を教えます。禁止事項とはトイレを所定の場所以外ではしない、無駄吠えをしない、というような点です。

また、おもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別を教えてあげるようにしましょう。犬のしつけをするにあたって覚えておいてほしい点は、しつけをすることで言うことを聞いてくれればいいと言うような考え方ではなくて、飼い主のほうも犬が飼い主のしつけを聞いてくれるような「人」になるという点が大切だと言うことです。それでは、どうして犬にしつけが必要なのでしょうか。

例えば散歩途中に、むやみに知らない犬に吠えかかることもあります。そして、知らない人に襲いかかったりすることもあります。何でも拾い食いをすることもあります。このような困った行動をしないとうに犬と飼い主が快適に生活できるようにすると言うことなのです。犬がきちんと飼い主にしつけをされているとしたら、どんな状況下においても飼い主の言うことを聞きます。そして周りの人々に迷惑がかからないようにできるでしょう。犬のしつけを通して、飼い主や犬の安全面や周りの人々の安全面も守ることができるのです。

犬のしつけ関連ニュース