犬のしつけでお悩みの方へ
天才ドッグトレーナーの遠藤和博が教える愛犬しつけ法。TVチャンピオン「子犬しつけ王選手権」2年連続優勝の実績。「無駄吠えが2秒で止まる等、愛犬が驚くほどお利口になる方法」をこっそりお伝えします。
犬との相性

犬を飼うときには犬との相性も大切ですよ。まずは犬種を選ぶことが、最初のステップといえます。犬のことを知ったり犬種の特質も頭に置いておくことが犬と接するうえで最も大切なことなのです。犬の先進国イギリスには、店頭で犬を販売するといったシステムはなくブリーダーさんや、捨て犬の保護シェルターから犬を譲り受けるということが一般的なようです。日本のように、流行犬種の変動などもありません。

日本人の飼い主さんに多いパターンですが、犬を衝動買いしてしまったためにあとから犬の問題行動や相性の悪さで悩むといったケースです。欧米人のように、ライフスタイルにあった性質の犬を選びそれから家族として迎えていないからなのです。体が小さいテリアであっても運動による健康管理が必須となります。狩猟犬として作出された“テリア”は、興奮しやすくて気も強いです。いわゆる“テリア気質”を持っており小さいけれども活動的でタフなのでかなりの運動量が必要となります。

“柴犬”は独立心が旺盛な傾向が強いため抱っこをしたいという飼い主さんやいつもそばにいることを犬に求める飼い主さんには不向きといえます。見た目で選ばないで犬の性質で選ぶことが飼い主さんと愛犬、双方のハッピーライフの第一歩といえます。

次の記事 >> 子犬期のしつけ
犬のしつけ新着情報&ニュース 一覧
犬のしつけ 新着情報

犬のしつけについてあなたは考えたことがありますか?犬のしつけは「お手」とか「お座り」などを教える行為だと思いがちですよね。しかし、それだけではありません。犬のしつけとは人間と犬が楽しくそして心地よく共存していくための方法を犬にたいして教えると言うことです。しつけをするときは犬に禁止事項を教えます。禁止事項とはトイレを所定の場所以外ではしない、無駄吠えをしない、というような点です。

また、おもちゃも遊んでいいものと悪いものの区別を教えてあげるようにしましょう。犬のしつけをするにあたって覚えておいてほしい点は、しつけをすることで言うことを聞いてくれればいいと言うような考え方ではなくて、飼い主のほうも犬が飼い主のしつけを聞いてくれるような「人」になるという点が大切だと言うことです。それでは、どうして犬にしつけが必要なのでしょうか。

例えば散歩途中に、むやみに知らない犬に吠えかかることもあります。そして、知らない人に襲いかかったりすることもあります。何でも拾い食いをすることもあります。このような困った行動をしないとうに犬と飼い主が快適に生活できるようにすると言うことなのです。犬がきちんと飼い主にしつけをされているとしたら、どんな状況下においても飼い主の言うことを聞きます。そして周りの人々に迷惑がかからないようにできるでしょう。犬のしつけを通して、飼い主や犬の安全面や周りの人々の安全面も守ることができるのです。

犬のしつけ関連ニュース